17JMX Rd.1九州大会

■2017全日本モトクロス選手権シリーズ第1戦 九州大会
4月8-9日 熊本県/HSR九州
〒869-1231 熊本県菊池郡大津町平川1500 Tel.096-293-1370
HSR九州 MFJ九州 Google map MapFan エリア天気予報

●周辺情報
クルマで行くと九州自動車道の熊本ICを下りて、国道57号線バイパスを阿蘇方面に向い、大津の立体交差点を菊地方面へ。本田技研熊本製作所前交差点のひとつ手前、右角にセブンイレブンがある信号を右折するんですが、おそらく案内板が出ると思います。
熊本空港を利用する方は、空港出て大津方面に向かえばあとはそのまま直進。インターから約30分、空港から15分ほどの距離。
駐車場~コースへの移動は約1km。今年はロードコースでのイベント(Enjoy Honda)が前の週になり単独開催。駐車場からの移動にシャトルバスが運行されるとのことですが、お年寄りやお子さん優先。しかも本数は多くないみたいで、荷物の多い方はカートを用意して行くといいかも。
フラット、タイト、スリッピーな黒土のコースから、2014年にまるでアメリカ西海岸のコースみたいにドラスティックにリニューアルされたレイアウトでの全開ガチバトルが必見です。

また、九州大会と言えばピンクリボン活動とのタイアップがすっかり定着してきました。レディス選手会を中心にライダーたちも協力しているキャンペーンイベント。観客のみなさんも、何かピンクのものを身につけて観戦&応援に来てください。ぜひ。

宿泊は57号バイパス沿いにビジネスホテル、大津の駅周辺に旅館が数件。熊本市内まで1時間ほどかかるので、大津町内の方が断然便利です。余裕のある方は、阿蘇や菊地などの温泉地帯に宿を探してください。

大津は案外大きな町なので、コンビニやレストランもちゃんとあります。でもどうせなら、熊本名物の馬刺しや肥後ラーメンを食べたいところ。馬刺しはどこの居酒屋さんでも出してくれます。旧道沿いの馬勝蔵は一度行ってみる価値あり。ラーメンはバイパス沿い、イオン大津店のちょっと先にある文化ラーメンが個人的にオススメです。

お風呂は会場から10分ほどのところに大谷の湯という施設があります。隣町菊陽町のさんふれあはR57からメガDIY店「ハンズマン」の交差点を1本北に入ったところでクルマなら楽にアクセスできます。それと、空港横を通って九州自動車道に向かうとがるてんという焼き肉屋さんがあって、ここで食事をするととなりのぶぶたんという温泉とセットになるという情報を頂きました。コースから30分程度とのことなので、楽に行って戻れる距離かと。西側の菊地、山鹿はどちらも温泉の町なので、ちょっと足を伸ばしてのんびりするのもいいかと思います。

桜の季節とは言え、2009年の開幕戦では季節外れの雪が降ったんですよね。防寒対策もお忘れなく。あと、基本フラットな会場なので、座ってのんびり見たい方、アウトドア用の折りたたみ椅子脚立があれば観戦しやすいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です