オフヴィで死亡事故、齋藤 馴君(12歳)が亡くなる。

とてもショックで残念なニュースです。27日午前、埼玉県のウエストポイント・オフロードヴィレッジで終末に控えた関東選手権に向け練習をしていた齋藤 馴君(12歳)が転倒、病院に搬送されたものの、お亡くなりになりました。
馴(しゅん)君は、父親の斉藤 寛さん、叔父の斉藤 稔さんが共に国際A級、祖父の城太郎さんは長年MCFAJの役員を務めてきたモトクロス一家の一員。春休みを利用して、今週末同施設で開催が予定される関東選手権に向けての練習中にジャンプで転倒したとのことです。

配信されたニュースでは「バランスを崩した。」「運転を誤った。」等の決まった言葉で原因が推察されていますが、一部報道には「着用が義務づけられているヘルメットや胸の防護具などを身につけていた」との記載があり、同時に「埼玉県警上尾署が…詳しい事故原因を調べている。」とされています。今後悲しい事故が少しでも少なくなるように、施設や関係団体には原因の究明とこれからの対策をしっかりと公表して欲しいと願います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です