【17MXoN】17ネイションズ、日本代表チーム出場断念。18年大会への出場再開に向け検討

7月15日、全日本モトクロス第5戦東北大会の掲示板に公式リリースが掲示され、今年イギリスで行われるモトクロス・オブ・ネイションズに、日本は代表チームを出場させないことが発表された。

参戦に向けて代表メンバーの調整にあたったMFJモトクロス委員会MXoN代表チーム選定部会の担当者のよると、「全日本のランキングを基に上位ライダーに参戦の意志を確認したが、軒並み辞退が相次いだ。次案として指名した富田、古賀は出場可能となったが、3人目のライダーを選定することができず、13日に行われた委員会で了承を経て、今年はやむなく出場を断念することになった。」とのこと。

毎年9月最終(10月第1)週末に行われるMXoMだが、その前にシリーズ戦が終了するヨーロッパやアメリカに対して、全日本はまさにシーズンの山場。タイトル争いに集中したいとする全日本の上位者と、それをサポートすることになるメーカー、チーム側の出場に際するメリットとリスクが、ここ数年代表チーム選抜の懸案事項となってきた。発表後に行われたMFJ側とメディアの懇談会では、全日本のスケジュール見直しを含め、様々な観点から来年2018年大会(開催国はアメリカ)への出場再開に向けて取り組んで行くことが確認された。

公式通知(PDF)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です