【17JMX主要チーム体制】Team HRCは成田 亮、山本 鯨のIA1クラス2台体制。能塚智寛は育成ライダーとしてMXGP MX2クラス参戦へ

2017年 Honda国内モータースポーツ活動計画発表会が2月13日に本社青山ビルのウエルカムプラザ青山で行われ、二輪、四輪のレース参戦体制が発表された。

Team HRCからは、昨シーズン11回目のチャンピオンとなった成田 亮に加え、3シーズン「世界」で戦ってきた山本 鯨が新加入。15年MX2、16年MXGPとティム・ガイザーが連続で世界タイトルを獲得したガリボルディホンダを担当し、昨年のMXoNでは日本代表監督を務めた芹沢勝樹氏が監督に就任。昨シーズンのIA1、IA2クラス2台体制からIA1クラスに集約して国内最高峰クラスの連破に挑むことになった。

また、昨年ホンダへの移籍1年目でIA2クラスチャンピオンとなった能塚智寛は「若手ライダーのトップカテゴリー参戦へ向けた取り組み」として世界選手権MX2クラスに、HRC契約ライダーの富田俊樹は引き続きAMAモトクロス選手権450MXに参戦することが発表された。

サポートチームからは、TEAM NAKAKI Hondaの田中雅己、TEAM 887 With HondaDREAM Kawasaki Miyamaeの馬場大貴、Team Sakurai with WAKI Racingの長門健一、T.E. SPORTの大塚豪太がIA1クラスに。TEAM ITOMOの小川孝平と森 優介、N.R.Tの古賀太基と横澤拓夢、TEAM KOHSAKAの道脇右京、TEAM HAMMERの鈴村英喜と大城魁之輔がIA2クラスに。TEAM HAMMERの竹内優菜、T.E. SPORTの畑尾樹璃、TEAM ITOMOの勝股七海がLMXクラスに参戦する。

ちなみにTeam HRC集合撮影での成田選手、山本選手笑顔の理由は、マシンスタンドの背後の両ライダーの足元を見ていただくとわかるかと。さすがの負けず嫌いが揃った感あり。火花散る攻防が繰り広げられています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です