12MXoN取材記録

299471_391178740955843_853698407_n
今回、かなり気合入れて行ったので(笑)、わりと覚えてます。普通はどうなんだって言われると、これがまた全日本以上に行き当たりばったりなので、去年はどこだったっけ? …な感じですけどね。
出発は27日。同行者の親御さんが送ってくれることになって、近所まで迎えに来てもらって便乗。成田でもう一人の同行者と合流。今回なんと道行4人。韓国のインチョン?を経由してオランダスキポールへ。久々のスキポール、たぶん乗り遅れ空港一泊事件以来かな。レンタカー受け取りで、こんなとこ歩かせんの? って思ったけど、帰りに立派な専用通路が出来てたことが判明。VWのいつもより大きいレンタカーで移動開始。交差点の度にアイドリングが上がるのでなんじゃらほいと思ったらアイドルストップだった。こんなところで初体験。アムステルダムの市内で晩御飯食べて南下。ロンメル手前のSAで仮眠。
金曜日、早朝ロンメルの町を散策。焼きたてのパンが買えるな…なんて思ってたらレストランが開いていた。かなり高級そうなお店。朝食ビュッフェ14ユーロ。安いじゃんと思って食い溜めしてたら、ユーズのボス、ロンゴさんが奥さんとやってきた。ホテル併設のレストランだったのね。ウェルカムセンターが開くの待って会場へ。今回メルセデスのディーラー内に受け付けが用意されていた。こういうスポンサードもありだよね。大会ホストのエリックさんがお得意さんなのかも。会場入って取材開始。プレスカンファレンスとか日本代表チームの集合写真撮影とか。夜は高速のSAでシャワーと晩御飯と買い出し。パドック戻ってキャンプパーキングに出来たディスコとか見て歩いて1人テント3人車内泊。11時過ぎたら静かになるよって言ったんだけど、仮設ディスコ朝の4時までやっていた。トランス系の重低音を夜通し聞きながら就寝。
土曜日予選取材。夜はホンダヨーロッパに晩御飯食べに行ったんだけど、すでにあらかたなくなっていて、こりゃ困ったぞと思ったら、アルパインスターズのアンドレアさんが快く招待してくれた。ホッ。夜、ドイツの応援団を探しに一人でキャンプパーキングへ。そしたら入ってすぐのディスコの隣に陣取っていた。なんだバスのカラーリング変えたのか。「去年フラフラになって帰ったよな。大丈夫だったか?」と言われ、そうかフランスは飲みすぎて大変だったんだと思い出す。どうりで記憶がないわけだ。なのでそこそこにして退散。クルマに戻って就寝。
日曜日決勝取材。終わってプレスルームで10時過ぎまで作業して会場を出た。今年もモンスターのホスピタリティはアフターパーティで超盛り上がっていた。ドイツの応援団から「明日は優勝パーティだ。来いよ。」って言われてたんだけど、同行者待たせてるし、帰れなくなりそうなので遠慮した。「来年ドイツだね。どうすんの?」って聞いたら、「トイツェンタールはダークドイツだ。俺たちは行かない。」なんて言ってたけど、果たしてどうなんだか。ヨーヘーがSさんに渡してほしいものがあると電話してきて、プレスパーキングの前で待ち合わせ。ヨーヘーに道聞いてブラッセル目指して移動。途中SAに併設されたホテルにチェックイン。久々のベッドで就寝。
月曜日ブラッセル駐在のSさんと合流。地下鉄、トラム、バスを使って市内を案内していただく。しょんべん小僧初めてみた。世界3大ガッカリ観光スポットだそうだ。着替えのセレモニーやってて、除幕と同時にオシッコがピューッと一直線に飛んでみなさん大笑い。やるじゃないかしょんべん小僧。その後Sさんのクルマでゲントに移動。ブリュッセルに戻ってSさんと別れアントワープへ。夕方飛び込みで宿探し。IBISはやたら高くて2件目のホリデーインに決定。2日連続のベッドで就寝。
火曜日アントワープ市内観光。ネロの教会見た後は各自自由行動。駅前というか駅横のレストラン街でムールを食べた。87年に一人で来た思い出の場所。駅前のホテルはリニューアルされてたけど、同じ場所にあった。フロントのお爺さんがお姉さんになっていた。ホテルの前で自転車の青年が頭から血を流していて救急車に乗せられていた。FBみたらタイのタンさんが近くにいることがわかってカテドラルの近くで待ち合わせしようってことになった。市庁舎の隣のカフェでお茶して散会。じゃぁねって別れてパブリックパーキングに行ったら出口で再開(笑)。高速でスキポールへ。さすがに乗り遅れるわけにはいかないのでいつもより早めにチェックイン。イミグレのお兄さんが、「前の二人モトクロスやってんだってな。オレもライダーなんだ。」と話しかけてきた。「ハリングス凄かったよ。」と言ったら「そうだろう。そうだろう。」と笑っていた。空港のスーパーでオリーブの塩漬け購入。空港内のおみやげ屋さんでワイン購入。機内でワインオープナー貸してって頼んだらシレッと断られ、仕方ないのでナイフでコルク栓落としてチビチビ。日本語を話す乗務員さんに見つかり英語で叱られた。ケツが痛てぇなぁと思いながらチビチビ→ウトウト×5くらいでインチョンへ。
水曜日、インチョン国際空港着いたのが昼過ぎで、最後のトランジットが5時間くらいあったので、3人で空港脱出を試みる。なんの下調べもなくとりあえずATMで最小の10000ウォンを下ろしたら、地下鉄のチケットも買えないでやんの。更に1万ウォンだか5万ウォンだか下ろして市内へ。ソウル駅はさすがに断念して、地下鉄の改札前で直通便の案内していたお姉さんにアドバイスもらって、ちょっと手前のなんとか大学駅で降車。とりあえず賑わってたお店に入って、焼き肉とチキンフライとなんやかやの盛り合わせみたいな大皿と、これは完全におでんだなっていう鍋料理とコーラ2本とビール2本で4万8000ウォンだった。電車代メシ代全部合わせると10万ウォンくらい使ったかな。全部奢ってやった。オレ超太っ腹だ(笑)。帰って調べたら1000ウォン70円ちょいだった。初韓国楽しかった。最後のフライトは何が出たか忘れたけど、懐かしのビビンバは行き帰り2回食べたし、韓国の人たち優しかったし、ソウルフードも堪能したし(笑)、満足して成田到着。帰りも迎えに来てくれた同行者の親御さんに送って頂いて帰宅。
今年も行って来れた。正直どうしようかなと思ってたんだけど、ひょんなきっかけから同行者二人が一緒に連れてって欲しいと言ってくれて、背中を押してくれた。というわけで、お世話になったみなさん、本当にどうもありがとう。来年も行けますように。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です