ムジン

がんばろう東北! 全日本モトクロス第4戦東北大会取材、その記憶の記録。
MXINGフィニッシュしたあと、水曜日だかにいわきから東京に戻って、あれこれ雑用。
金曜日の午後、印刷の上がりを受取って東北道を北上。金成で下りて川崎町経由で藤沢へ。会場に着いたの9時ぐらいだったかな。本部に明かりがついてたので挨拶いったらいい感じなミーティング中で、勝手に入り込んでご相伴にあずかる。藤沢を支える有志の皆様、ご馳走様でした。
土曜日予選取材。終わって気仙沼のいろりへ。レースドクターの岩間先生、しどき仲間のK氏、サトケンさんと優位父が一緒。ささやかな復興支援(笑)。
日曜日決勝取材。終わってパドックで速報原稿書き始めたんだけど、蚊が出始めて撤収。一関に移動。お風呂屋さんの前で作業。例年、夜は涼しくなったハズが、今年はさすがに気温が下がらなかったみたいで、暑くてたまらんってとこになって、ネットカフェに移動。仮眠後朝まで作業。月曜日の9時ぐらいに一旦終了。
東北道からいわきに帰るのに、どうしても行っておきたかったので、仙台東道路に乗り換えて亘理から海岸線を南下。山元町、新地、相馬、原ノ町を通って、さぁそこからどうしようってことになったんだけど、飯館に抜けるスゴい道があって、そこは進入禁止じゃなかったからズンズン進む。過去最高にスゴい道だったかも。なんとか飯館に出て、葛尾村通って田村に出て磐越道で三和まで。眠さピークだったけど、シャワー浴びてトーチュウの原稿書いてバタン。
3日経ってまだ疲れが抜けない。ライダー・関係者はもっと大変だったんだろうな。ほんとありがとう藤沢です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です