にーさんよんごー

モトスポーツランドしどきで試乗してきました。
モトフィールド フロンティアさん、KTM JAPANさんありがとうございました。
WMXでの活躍、ネイションズで実際に走りを見て、なんとなく250の軽快さと450のパワーを併せ持ったいいトコ取りのバイク的なイメージを持ってたわけです。でも違いました。どちらかというと…というか、確実に250の発展形。250を乗りこなせるライダーなら、更に数段レベルアップした走りが可能…という印象でした。
250SXだってタイム見れば十二分に速い。カイローリはそれより更に早く走って、結果MX1のタイトルを取ったわけで、250のベストスピードを更に上回れば、450と同等、あるいはそれ以上速く走れる…という図式。
でも、250がちゃんと乗りこなせないと、単にオーバースペックになってしまって、もてあましてしまう。特にボクは2スト時代から250が好きで125が苦手。つまりテクニックのなさをパワーでごまかして乗ってきたので、マシン本来のポテンシャルの先の部分に到達するどころか、チャレンジすらなかなか出来なかったりするわけです。
250と450って似て非なるバイクで、実は乗り方も攻め方もずいぶん違うと思うんです。CR-Fを筆頭に国産のモトクロッサーは、乗りやすさを損なうことなく、というか、誰でも乗れることを前提に進化してきたけど、以前250SXを試乗したときにもKTMには速く走るための性能への割り切りを強く感じていたし、350は更にその度合いが強かったように感じましたも。マシンからは「もっと速く走れるよ。もっと開けろよ。もっと回せよ。」って言われてる感じなんですよね。
ちろんどっちも普通に乗れるんですよ。FIのセッティングでもっとマイルドに出来るとも聞きました。でも、その割り切りがこのマシンの最大の魅力であり、武器なんだろうなと思った次第。
あ~面白かった。いやいやほんとモトクロスは面白い。そんでもってしどきは最高です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です