カントウセン

ガルル入ったとき以来かなぁ。…って、それ以上思い出せないくらいに記憶にないのでした。関東選手権の取材。
去年のACSX行けなかったので、今年全日本やるオフビだし、A級のエキシビションレースも組まれてるっんで見に行ったわけです。前の晩徹夜しちゃったんで、行ってクルマの中で寝てよう、…くらいにダルダルな感じで。
駐車場はすんなり入れました。参加台数少ないとは聞いていましたが、なるほどほぼ予選なしの大会。NB1とかNA1とか450のクラスは出走数台。その分B決勝とかが組まれてたみたいです。
昨日は季節風が強くて(帰ってニュースみたら全国的にそうだったみたいですね)、砂ぼこりがすごかった。オフビに来てる人たちは好きでやってるんだからいいけど、あんなで風下は大丈夫なんだろうかとちょっと心配になりました。川口あたりで局地的な黄砂が観測されたかもね。ゴビ砂漠の砂嵐が想像できるくらいにすごい風と砂ぼこりでした。
レースは面白かった。NBに一人、NAに3人かな。おっ、て思わせるくらい速いライダーがいました。そうそうジュニアも3人速いのがいた。IBはイマイチだったかな。トップ走ってるライダーたち、上手いけど時間気にしてレースしてる感じで、NB、NA、Jrの一発スプリントな感じではなかった。
A級は成田が段違いに上手くて速かった。特に1回目散水ズルズルのときにテクニックの違いを見せつけてました。2回目は地元の星野優位が大健闘。ずっと成田を押さえて走って、最後力尽きて遊ばれてたけど、上手いし引かない。成田とバトルして自信にもなっただろうし、足りないものも教えてもらえたわけで、今年はちょっと期待していいかもね。スペシャルマシンも走るって言ってたし。あとは、新チームのマナブにタダシが気合入れて攻めてました。新チームとは言えライダーは実力者揃い。かつてのYZ(ワイジー)もそうだけど、今シーズンの台風の目になる予感。
コースはね、このレイアウトでコースアウトとかしないのかな? と最初はちょっと心配になったけど、実はちゃんと考えて作られてるんでしょうね。そうそうアクシデントはなかったです。全日本のときは更にセーフティネットが張られるんだと思います。ただ、昔のオケガワと同じで、お客さんがコースサイドに立つと、自分の目の前か、ジャンプ飛んでるときしか観れない…ってことになるのは確実。まぁ、場所が場所だけに仕方ない。久々の埼玉ですよ。人の背中しか見えなかったって文句が出るくらい大勢のお客さんが来てくれたらなと思うのでした。
以上、そんなこんな。午後ちょっとだけカメラ出してコースサイドで撮影したけど、そんだけで目がホコリまぶしたみたいになって、帰りの運転が辛かった。そうだアイボン積んでたハズだと思い出して、途中のコンビニで洗浄。でも家に着いたときに目は真っ赤で、とにかくシャワーだと思って風呂に入ったら、耳の中まで真っ黒だった。
オフシーズン、ずっと正月ボケな感じだったけど、おかげでちょっとだけレースモードになれました(笑)。
以上、報告。
P.S.そうそう、昨シーズンから96dbになったIAと地方選の94dbのレースを比べることができたんだけど、96dbは断然やかましい。とは言え94はイマイチ迫力ないので、95dbがいいんじゃないかと勝手に思った。でも将来は94なんでしたっけ?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です