サイシューセン

全日本最終戦の記憶の記録。
え?と、助っ人N君をピックアップして金曜日の夜SUGOに移動。午前3時ごろ到着。7時にはバリバリお仕事開始。取材する側も大変だけど、関係者、スタッフ、そしてライダーはもっと大変だと思う。ん? ライダーは実働時間長くないから平気なのかな。でも、このスケジュールはスポーツとしてどうなのよ…といつも思う。
夜、秋保温泉で入浴して、パドックに戻り北海道から遠征してきたモトライフの源治さんがチャンチャン焼きをやってくれると言うのでお邪魔しに行く。缶ビール飲んでワイン飲んで、そこで止めておけばよかったんだけど、まっ、止まるわけないわな。ストップかけてねと頼んでおいたN君もT君も、「まぁまぁいいから飲みなさいよ。」状態だったらしく、久々(いつも)の大酔っぱらい。クルマでダウン。
朝、完全な二日酔い。う?、気持ちワリー。ただでさえ写真ダメダメだったのに、朝なんかピントどころかファインダーに入れることさえできず、本気で大ヤバ(大薮)兄弟。午後になってなんとか生き返って、そっからなんとか頑張ったけど、満足できる仕事なんかできるわけがないわね。今年10回目の大反省。
夜、プレスルームに居残って速報作業。T君と二人3時半まで頑張って、2時間仮眠。6時に起きてまた作業。結局昼前までなんやかややっていた。
そんなこんなでSUGOを後にし、国見S.A.で朝昼飯。実家に寄って1泊。火曜日の午前中しどきに寄ったけど、日曜の夜からかなり降ったみたいで、コーヒーご馳走になって退散。東京に移動。最後まで付き合ってくれたN君を羽田まで送って帰宅。終わった?。もう年内は仕事なんかしねぇぞ?(笑)と思ったけど、さっそくちっちゃい仕事が入ってセコセコ頑張る。ほんで今一段落? あ?、でもアレもやんなきゃコレもやんなきゃ。…そんな感じ。今週中にケリを付けて、冬眠の準備に入る予定(笑)。
以上、最終戦の記憶の記録。いろいろ書きたいことがあるんで、それはまたいずれどこかで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です