中途半端

忘れないうちに週末の記憶の記録。
木曜の晩、次男友君IMG_5078がゲホゲホやりだした。
金曜日、印刷物の引き取り以外予定がなかったので、ボクが友君の面倒を見ることになった。かかりつけの医者に診てもらって、薬をもらった帰りにジャスコのマクドナルドで昼食にハンバーガーを食べさせていたら、友君が不思議そうな顔をしながら「ボク、ちゃんと座っているのになんだか前回りしちゃいそう。」と言い出した。子供なんで見かけは元気だが、かなり熱もあったので、いわゆる目が回っていたらしい。
夕方帰宅した奥様に経過報告をして、ボクは印刷物を引き取りつつ、茨城へと移動。深夜現地到着。コンビニの駐車場で朝まで仮眠。この時点ではなんら問題がなかった。土曜日、今回現地での作業をお手伝いしてくれたNさんと平塚マーボんちに晩ゴハン食べに行って、阿字ヶ浦の宿に飛び込みで入って、風呂出て作業を開始したあたりから、なんだか咳が出始めた。木曜日の晩に友君がしてたのと同じ咳だ。
なんとか作業を終えて、早めに寝る。っても12時。起きるのは6時。目が覚めるとやたらと寒い。寒いのは海風のせいでもあったのだが、熱も出始めていたみたい。レース中、本部の長沼(母)さんに風邪薬ないか聞いてみる。そこにはなくてのど飴もらって取材継続。コース内の救護テントを尋ねたら、いつも関東大会でお会いする看護士さんが、ご自分の荷物から風邪薬出してくれた。そんなこんなでとにかく取材、作業、取材、作業…。
夜8時半、なんとか当日の作業終了。山田うどんであったかいもの食べてから帰ろうと、うどん定食を完食。常陸那珂有料経由で常磐道へ。1時くらいには自宅に帰れる計算。帰って風呂は入って仮眠して5時に起きてレポート書いて…と予定を考えつつ東京をめざす。寒けが止まらない。クルマのフロントウィンドが曇るのでエアコン入れて走った。視界がちょっと前回りし始めていた。
月曜日、5時に起きられなくて6時に起床。レポート1本書いてバタン。2時間寝て次のレポートに着手しようと思ったが、手が付けられずバタン。3時間寝てなんとかレポート書き上げてバタン。夜起きて、締め切りを2日延ばしてもらってたトーチュウのGPプレビュー記事書いてバタン。火曜日の昼までバタン。午後、ちょっと調子よくなったので、これで治ったなと買い物に出たらまた寒気、バタン。水曜日は打ち合わせに出たが、やっぱ咳が出る。テメーしつこいぞと思いつつ木曜日。まだ咳は納まらない。友君もたまに咳してる。結局1週間はかかるってことで、明後日には治るな。そしたらゴールデンウィークだ。復活して絶対しどきに行ってやる(笑)。
写真のチェックしています。自分で撮った写真を何度も見てると、あたりまえだけど狙いが見え透いてて飽きて来る。ほんとはもっとカッコいい瞬間があったハズなのに、ほんのちょっとタイミングを外してる。コースがあとちょっと広かったり、ストレートが長かったり、ジャンプが大きかったりすれば、ライダーだってもっと華麗に、力強く、ダイナミックに走れたハズ。全日本もボクも、ホント中途半端だ。
以上、そんな1週間でした。あれ、週末の記録じゃなくなっくなってら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です