シリーズタイトルは「D.I.D 全日本モトクロス選手権」大同工業株式会社が2021シーズン冠スポンサーに!!

チェーンやリムのトップブランドとして知られるD.I.D 大同工業株式会社が、2021全日本モトクロス選手権シリーズのシリーズパートナーとなることが、3月1日にMFJの公式サイトで発表された。

全日本でトップ争いをするマシンのスイングアームやフェンダーに当たり前のように見かけてきたD.I.Dのロゴ。ゴールドのドライブチェーン、「強」「軽」の漢字が刻まれたアルミリムなど、いずれの製品も世界のトップブランドであることは周知の事実ですが、漆器製造から転じて、自転車用の木製リム製作からスタートという会社沿革がなかなかドラマチックです。

オートバイやクルマの駆動力を支えてきただけでなく、全日本の会場には常にスタッフさんの姿があって、これ待てもレースの現場やライダーを支えてくれていました。レース界にとって心強い以上に、すでになくてはならない存在。

リリースでは「シリーズパートナー」の名称が疲れわていますが、ここ数年では埼玉トヨタさんが関東大会の冠スポンサーを継続してくれていることはあっても、全日本のシーズン全戦に冠スポンサーが付くのは今回全日本モトクロスの歴史の中でが初めてのことだと思います。大同工業の力強い支援に感謝するとともに、シリーズ全戦の運営統括を担うことになったMotoSportsPromotionによる体制変革の第一歩として、新たな道を踏み出した今シーズンの全日本に期待したいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です