タイトル奪取へ!! 全日本モトクロスは2020体制を保持。2021ヤマハ発動機レース活動

2021年ヤマハ発動機レース活動 主要チーム体制とライダープロフィールが2月19日、ヤマハの公式サイト等で発表された。
全日本モトクロスに関しては、IA1クラスにYAMAHA FACTORY RACING TEAMから富田俊樹と渡辺祐介がファクトリーマシンYZ450FMで継続参戦する他、bLU cRU レーシングチーム鷹から参戦する星野優位をサポート。IA2クラスでは中島漱也が昨シーズンに引き続き育成チームのYAMALUBE RACING TEAM with レーシングチーム鷹から参戦する他、浅井亮太、大倉由揮ら10名をサポート。LMXでは本田七海が引き続きbLU cRU TEAM KOH-Zより参戦しタイトル奪還をめざす。

体制を保持とかラインナップを踏襲とかつい書いてしまうんですが、メーカーにも大変な苦労があると想像します。IA1クラスでは2011年以来、IA2クラスは2017年の渡辺選手以来タイトルから遠ざかっているので、頑張ってシーズンを盛り上げて欲しいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です