IA2もトリプルヒート制採用(IA1×2戦+IA2×1戦)。 LMXは2大会で決勝2ヒートに。2021全日本モトクロス選手権大会詳細発表!!

開幕まで2カ月と迫る中、2021全日本モトクロス選手権シリーズの開催内容がMFJの公式サイトにようやくアップされた。添付された2月9日付けカレンダーによれば、昨年に引き続き開幕戦九州大会と第4戦SUGOの2大会でIA1クラスのトリプルヒートが実施されるのに加え、第6戦九州大会では、IA2クラスでもトリプルヒートが初めて採用されることになった。※MFJ公式サイトのリニューアルでリンクが切れてしまいました。新HPでの告知はコチラ
さらにレディースクラスは、第2戦中国、第3戦関東大会でこちらも初めて決勝2ヒート制が採用となり、全7戦となった今季のシリーズ戦だが、IA1は16ヒート、IA2は15ヒート、LMXは9ヒートでタイトルを争うこととなった。

また、先に発表された、シリーズを通した安全面・運営面の統一化、シリーズの興行化促進を目的とする管理組織「MotoSportsPromotion」の詳細についても上記新HPでの告知にアップされています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です