ライセンス剥奪と罰金、全日本モトクロスV12&161勝のレジェンド成田 亮選手に厳罰!

全日本モトクロス選手権で過去12回チャンピオンに輝き通算161勝のいずれも史上最多記録を残した成田 亮選手に対して、MFJ(日本モーターサイクルスポーツ協会)が処分を決めた。

国内規律裁定委員会の発表によれば、ライセンス資格の剥奪と50万円の罰金という非常に厳しい内容。

成田選手は交際相手に暴力行為を行い怪我をさせたとして、11月4日に熊本中央署で逮捕され略式起訴を受けた。

トラブルの経緯や詳細についてはわかりませんが、暴力は絶対にあってはならないし、決して許されるものではありません。一方で、長年モトクロス界を牽引し、数々の栄光を築いて今季限りでの引退を表明していた選手だけに、何だかの救済やサポートは出来なかったのかと感じました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です