【JMX】2020 MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第1戦 SUGO大会 決勝結果&公式レポート+画像

8月29~30日、ついに全日本モトクロス選手権シリーズがスポーツランドSUGOで開幕します。
新型コロナウィルス感染拡大の影響により、スケジュールが大幅に延期・変更された今シーズンの全日本。満を持してというよりも、ようやく戦いの幕が切って落とされます。開催にあたってまずは、大会関係者の皆様、ライダー、チーム関係者、そして待ち続けてくれたモトクロスファンのみなさまに、心からお礼を申し上げます。

他のスポーツイベント同様、感染防止対策が必須となる今大会。以下はスポーツランドSUGO内に掲示されている来場や観戦のためのガイドラインです。

マスクの着用や手指の消毒、ソーシャルディスタンスの確保等いわゆる「新しい生活様式」ももはや常識になりましたが、観戦時のマナーに関しても数々の注意点が発表されています。これは大会期間中度々アナウンスがあると思いますが、声を出しての応援や握手を含むライダーとの接触も遠慮してほしいと発表されています。ポスターや応援の旗などの手渡しに関しても接触が起きるために、基本置いてあるものをテイクアウト形になると聞いています。こんな時こそチアホーンなど鳴り物で盛り上げるのはどうだろうと思いましたが、それも禁止となっています。
野球やサッカーでは、バットがボールを弾き返す時の音や選手が発する声が新たな魅力となっていますが、モトクロスレースでも必ず新たな魅力が感動が見つかるはずです。何よりもぜひ会場を訪れ、困難な状況を乗り越えてSUGOに集いスタートラインに臨むライダー立ちに、熱いハートを投げかけてください。

以下、オフィシャル情報です。

観戦情報
開催概要
チケット案内
エントリーリスト
タイムスケジュール
LiveTiming CHECKLAP
MFJ Live CHANNEL

※新たな情報があれば追記し、SNS等でお知らせします。

2020/10/08 追記 : 大変遅くなりました。HYPER MXING画像コンテンツです。

 

2020/08/31 リザルト&公式レポート リザルト CHECK LAP 暫定ランキング(MFJ) MFJ ホンダ ヤマハ スズキ ブリヂストン(速報) ダンロップ motoちゃんねる (Youtube)

2020/08/29 日曜日・決勝
IA2H1は、浅井、内田が好スタートを決めすぐに内田が浅井をパス。前半は浅井が内田に食らいつくが後半徐々に遅れだし、その間にリードを築いた内田が終盤追い上げてきた小川の追撃をかわして悲願の初V。小川に続き川上が初表彰台を獲得。スタートで出遅れ追い上げのレースを強いられた横山、勝谷は浅井に続き5-6位でフィニッシュした。
IA1H1は能塚がホールショット。しかしすぐに山本が能塚をパスし、山本、能塚の2台は3位以下を引き離しながらリードを広げる。2台のトップ争いは徐々に差が開き、最後は10秒以上のリードを広げた山本が貫祿のV。能塚が単独2位。その後方では成田、富田、渡辺、星野が激しい3位争いを繰り広げるが、スタート直後にエンストしオープニングラップ7番手から追い上げた渡辺が地元の利を活かしてIA1クラスデビュー戦を3位表彰台で飾る。一方3番手を走行した成田、富田、小島は順位を下げ、星野が4位、大塚、富田、成田、小方、小島の順でフィニッシュした。

IA2H2は、オープニングラップにトップに躍り出た横山が勝谷と1-2でトップをキープ。中盤勝谷のプレッシャーを受けるシーンもあったが、その勝谷はマシントラブルで戦列を離脱し、単独トップとなった横山が今季初V。勝谷と入れ替えで大倉が2位、大城が3位表彰台を獲得した。
IA1H2はホールショットを決めた山本が、成田、渡辺の追撃を受けながらもこれを抑えきって見事なパーフェクトV。成田が転倒で順位を落した一方で渡辺は2位表彰台を獲得。小方が3位で今季初表彰台登壇を果たした。

2020/08/29 土曜日予選・決勝
午前中快晴、午後は積乱雲が上空を覆ったスポーツランドSUGO。一降り欲しかった雨は小雨程度で一時は涼しくなったものの、猛暑~蒸し暑い1日になりました。
注目の今シーズンファーストレースは、IA2A組でチャンピオン横山がスタートから飛び出すと、序盤は01ルーキー中島が横山をフォロー。中島が転倒で後退した後は大城が横山に接近を試みるも、後半横山が振り切ってトップ。
B組は大ベテラン勝谷がスタートからレースをコントロール。内田、大倉が勝谷を追うも、10分+1周のスーパースプリントの予選。勝谷は隙を見せることなく逃げきってトップでチェッカーを受けました。
IA1は得意のスタートを決めた成田がリードし渡辺がこれを追う展開。しかし1周目4番手から追い上げた山本がトップ争いに加わると、山本は着実に上位陣を切り崩しあっと言う間にトップに浮上。そのまま逃げきった山本がトップ。小方が2番手、渡辺3番手、終盤成田に追い付いた富田が前に出て成田は5番手でチェッカーを受けました。

MXING 2020 Rd.1 SUGO大会号です。
注目ライダーインタビューにはIA1山本 鯨、IA2横山遥希両チャンピオンに登場いただきました。

P1-4 PDF           P2-3 PDF

SUGO入場者チェックシート スポーツランドSUGO公式サイトのトップページに書かれている通り、新型コロナ対策として入場時には体調チェックシートを記入・提出することになります。当日窓口での記入も可能ですが、複数人で行く場合など、予め印刷・コピーして記入しておくとスムーズに入場できるかと思います。ぜひご協力ください。

SUGO Riders Café が今大会もオープン オートバイで来場した方なら誰でも無料で利用できるライダーズカフェが昨年のMFJ-GPに続き開設されます。バイク以外で来られた方は500円。暑さ対策を兼ねた休息にも最適だし、バイクで移動は三密対策にももってこいですよね。ぜひご検討ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です