【MFJ中央審査委員会裁定】平田 優選手の参戦取り止めに関して

いったい何が起きているのか全く公表されずに続いてきた平田 優選手の欠場に関して、詳細(PDF)裁定が決定した旨の報告が出ました。

第5戦神戸大会IA1H2で、平田選手が追い上げの中に行ったショートカットペナルティに続き、1周減算の罰則内容の通告時にフェアプレーに劣る行為があり、平田選手に対して「2大会の出場停止」と平田選手が所属するヤマハファクトリーレーシングに「罰金 100 万円」が国内規律裁定委員会より言い渡された。これに対しヤマハファクトリーレーシングが根拠の説明を求め上告。これを受けた中央審査委員会が、国内規律裁定委員会の決定を変更し、罰金 を20 万円に減額した。…というのが主な趣旨。

審議が続いていたために、裁定が確定するまで詳細が明かされなかったことはある程度理解できますが。神戸大会で大会審査委員会が罰則内容を通告した際に平田選手が取った行動、その後平田選手の東北大会欠場が「自己都合」とされていたことなど、ファンや関係者に対し速やかに報告すべきではなかったのかと個人的には考えます。またこの厳しい処分をライダーはもちろん関係者全体が重く受け止め、二度とこのような事態が起こらないよう、ルールとマナーに関してしっかりと認識を持たなければならないと思いました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です