アイドルストップ

エコ絡み。駐車中のトラックは、まずエンジン止めたらどうだろね。保冷車とかで電気が必要なら、フェリーの中みたいにターミナル(SAやPA)内にコンセント用意すればいいじゃない。あと、速度リミッターぎりぎりの状態で追い越し車線出てくるの止めてほしい。大型は走行車線から出るなって言うルールがあっていいと思う。そもそも、鉄道のコンテナ輸送を再構築して、トラック輸送から切り替えすべきなんじゃないのか。宅配便、翌日配達じゃなくても別にいいじゃん。翌日便には思いっきり税金かけるとかね。高速無料化はもちろん大歓迎ですけど…。
というわけで、全日本モトクロス第8戦近畿大会取材、記憶の記録。
金曜日の夜東京を出ました。割と速かった。所持金7000円。伊賀上野と針TRSでコンビニ回りして、会場入ったのが3時くらいだったかな。
いつもは夜間ゲート閉鎖する名阪スポーツランドだけど、土曜日移動のエントラントのために、今回は深夜の入場を許可してくれた。おかげで朝までぐっすり寝れた。8時に目が覚めて予選取材。あとLMXのポスターカレンダーの受け渡しやら、山本 鯨君のポストカードの受け渡しやら。夜は伊賀の湯へ。向こうの湯船で誰か笑ってると思ったらコジヘイだった。会場戻ってパーキングミーティングにちょっびっと参加して就寝。
日曜日決勝取材。もう少し動ける時間が欲しい。終わって伊賀の湯駐車場で作業。頭から砂被ったので速攻入浴でさっぱりして、御在所SAまで移動。速報レポートひとつ終えて、東名のなんとかPAまで移動。6時に起きて速報レポート2本目。そんで牧ノ原SAまで移動。なんだかんだで昼頃牧ノ原を出て、午後帰宅。バタン。
週末割引に救われてるけど、完全無料になったら金曜日現地でいろいろ動けるわけで、そしたらもうちょっとアレコレできるだろうなと妄想。そうそう、伊賀の湯でさっぱりしたつもりが、明るくなったら車内砂ぼこりで真っ白。ガックシ。あと帰宅したら老ハムスターのクマチキが絶命していた。ショボン。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です