開幕戦は4/9-10熊本!! 全日本モトクロス選手権シリーズ2022 観戦ガイド&アクセスマップ

開幕戦は4/9-10熊本!! D.I.D全日本モトクロス選手権シリーズ2022 観戦ガイド&アクセスマップ

MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ2022は、4月9~10日に熊本県のHSR九州で開幕。今シーズンは、宮城県のスポーツランドSUGO、埼玉県のウエストポイント・オフロードヴィレッジ、奈良県の名阪スポーツランド、そして熊本県HSR九州オフロードコースの4会場を舞台に全7戦が予定されています。

昨シーズン、最終戦の最終ヒート最終ラップまでもつれ込んだ正に手に汗握る劇的な展開の末に、自身IBクラスを含め通算7度目のタイトルを決めたエース山本 鯨がレース終了と同時に引退を電撃表明。チャンピオン不在となる今シーズンのタイトル争いは、山本と熾烈なバトルを繰り広げた富田俊樹、能塚智寛、渡辺祐介らが主役になることは間違いありませんが、ここにIA2新チャンピオンの大城魁之輔とそのチームメイトとなった大倉由揮、優勝回数で大城を上回った内田篤基のライバルがこぞってIA1クラスにステップアップ。最高峰クラスのタイトルにチャレンジすることになりました。オーストラリアからフル参戦するJ.ウィルソンに日本の若手が挑むIA2、3人のチャンピオン経験者が激突するレディースクラス、未来のスターたちがしのぎを削るIB Openクラスやジュニア、キッズクラスもそれぞれ見応えがあります。全日本の頂点に勝ち上がるのは果たしてどのライダーか。今年も目を離せない熱いバトルが繰り広げられます。

新型コロナウィルスの感染拡大は、収束に向いつつあるとはいえまだまだ予断の許さない状況。しかし一方で、社会経済の再生、何より困難な環境下で頑張ってきたライダーたちを支えるためにもぜひ会場に足を運んでレースを楽しんでください。

先に発表された2022シーズンスケジュールは以下の通り。東北大会と中国大会がないのは非常に残念ですが、来年復活させるためにもぜひみなさんの元気を会場に届けてください。

■MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ2022開催スケジュール

第1戦九州4月9~10日HSR九州(熊本県)IA2トリプルヒート
第2戦関東5月14~15日オフロードヴィレッジ(埼玉県)IA1トリプルヒート
第3戦SUGO7月16~17日スポーツランドSUGO(宮城県)IA1トリプルヒート ※2st125併催
第4戦近畿9月10~11日名阪スポーツランド(奈良県)LMX 2ヒート
第5戦九州10月8~9日HSR九州(熊本県)IA1トリプルヒート
第6戦関東10月29~30日オフロードヴィレッジ(埼玉県)IA2トリプルヒート
第7戦 MFJ-GP 11月12~13日 スポーツランドSUGO(宮城県)
2022/2/8発表

各大会、会場毎のアクセスその他の情報は、プルダウンメニューの JMX開催情報 をそれぞれご参照ください(順次更新予定です)。大会を統括するMFJオフィシャルファンサイトにもインフォメーションがありますが、MXING webではより具体的な情報をお届けできればと思ってます。

会場へのアクセスについて

会場までのアクセスに関しては、埼玉のオフロードヴィレッジや宮城のSUGOのように公共交通機関で行ける会場もあれば、クルマかバイクでないと行けない会場もあります。

大会は土日2日間。国内最高峰カテゴリーのIA1、IA2は30分+1周×2ヒート、IB Openクラスは20分+1周×2ヒート、LMXは15分+1周×1ヒートが基本ですが、上に書いたように、今年も超スプリントのトリプルヒートやLMXの2ヒート制が採用されています。

土曜日は各クラスの練習走行と予選、IB Openの決勝ヒート1が行われます。日曜日は朝から練習走行が開始され、その後各クラスの決勝という進行になります。また第3戦SUGO大会では、活性化を目的とした2ストローク125ccクラスが併催される予定です。往年のベテランライダーと若手の激突は必見。懐かしの2ストのサウンドとオイルの匂いもぜひご堪能ください。

予選から観たい方は、土曜日の昼前に会場入り出来るように朝少しゆっくり目に出かけて、練習走行や予選の走行でライダーの調子をチェック。IB Openの決勝を見た後、夜は近くの温泉や地元料理でも楽しんでもらって、日曜日は朝から次々と行われる決勝レースを満喫する…。もちろん、日曜日のみの観戦でも十分楽しめると思います。
レース中、大きな声を出して応援するのは憚れるご時世ですが、鳴り物を使っての応援は大歓迎です。また、予選、レースの空き時間にはパドック巡りやサービスブースの散策も楽しんでくださいね。大会終了後は高速の渋滞情報なんかをチェックしつつ、近くの温泉に寄ってさっぱりしたり、SAや道の駅で当地の美味しいものを食べたりして、レースの余韻を楽しみつつ、お気を付けてお帰りください。

アウトドアのイベントなので、観戦には軽登山くらいの服装がベストです。コースサイドを移動する場合は斜面を登ったり下りたりするので、サンダルやパンプスだとちょっとキツいかも。日除けとホコリ除けにつばの大きな帽子も必需品。バッグの中にはお茶やスポーツドリンク、ウェットティッシュ、夏なら日焼け止めや虫除けなどを入れておいてください。座れる場所が案外少ないので、腰掛けてのんびり観戦したいという方は、キャンプ用の折り畳み椅子をご持参ください。クルマのスペースに余裕がある方は、脚立を積んでいくとかなり重宝します。週末の予報によっては雨対策もお忘れなく。雨傘だけじゃなく、ポンチョと長靴が必須だったりします。

見たことがない、行ったことがないという方は不安に思われるかもしれませんが、決して敷居は高くありません。というか、モータースポーツの中で最も気軽に、でも1番興奮できるカテゴリーだと思います。まずは足を運んでみてください。風を切って駆け抜けるスピードと大空に駆け上がる躍動感。モトクロスならではの感動があなたを待ってます。

以下、アクセスマップです。版権(ってほどのものでもないですが)フリーですので、もしよかったら、ご活用ください。

というわけでひとまずザックリ。もしかすると変更が出るかもしれないし、今後いろいろな情報を書き加えていく予定です。その都度お知らせしますので、ぜひチェックしてみてください。今年も会場でお会いできることを願ってます!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。