モトクロスやってると、どうしても、ケガと付き合わざるを得ない状況になります。肋骨にヒビとか鎖骨折ったなんてのはまだいいほうで、頸椎骨折の後遺症と付き合ってるライダーがボクの回りには何人かいるし、手首や膝のケガも少なくない。で、ボクは今、膝のケガに悩まされています。
発端は去年の暮れ。しどきに走りに行ってボテッとコケたときに、左膝を地面に打ちつけて、痛みはさほどなかったんだけど、見たら膝頭がパックリ切れていた。でも、骨や関節には異常がなさそうということで、地元の病院で5針縫ってもらって終了。ところが今年の3月だったかな、家族と近所のジャスコにお買い物に行って、家電売り場の前を歩いてたら、突然左の膝に激痛が走ったのでした。子供にカートを持ってきてもらって、それにつかまってケンケンしながらクルマに戻って、翌日救急病院に行ったんだけど、近所の整形外科の診断は、「骨には異常がないですね。じん帯か半月板を痛めた可能性があります。でも、当院では検査のしようがありません。」というものでした。…そんなの先に言え。
症状はというと、とにかく痛くて動けない。なんか膝が反対に曲がっちゃう感じ。アキレス腱って切ったらこんな感じなのかなぁと思いつつ、とりあえずサポーターで固定すると楽になるので、そんなんでごまかしつつ専門医の診断を受けました。すると…。
「左の膝はじん帯もしっかりしてるし、半月板にも特に損傷は見られない。むしろ問題は右だね。」と予想もしなかったというか、ちょっと驚きの診断。確かに右膝は昔(これはモトクロスじゃなてく林道ツーリングで)転倒したときに、踵が太股を追い越すぐらい(角度的に言うと200度くらい)曲がってしまったことがあったのです。やった瞬間ブチッと音がしたし、触っただけでビンビン痛いくらいに内出血したので、これはじん帯が切れたんだろうなと思ったけれど、ホウホウの態で飛び込んだ病院の診断は「骨には異常が見られない。じん帯は切れたか剥がれたかしたんだろうけど、レントゲンじゃわからないからね。とりあえず固定して、その後リハビリして、日常生活に支障があるようなら、改めてなんか考えましょう」というなんか、ホントにそれでいいの? な答え。でもね、20数年前はそんなだったんですよ。一応、都内では救急医療で有名な某私立医大病院だったのに。MRIなんてのもなかったのかなぁ。で、まぁ、結局ボクは右膝のじん帯がどこか切れたか剥がれたかしたまま日常の生活に戻って、以来20数年、膝を内側に曲げて体重をかけると外れるという後遺症を持って生きてきたのです。
でも、今回痛くなったのは左なわけで、暮れにコケて打ったときの後遺症というか、ダメージがしばらくしてから出たのかなぁと思ったわけですよ。でも今回の先生はそうじゃないと言う。ちなみにその先生、その筋では知られた膝のスペシャリストで、実は友達のお医者さんが「膝だけはちゃんと治しておいた方がいいよ。この先まだ何十年も歩くんだから…」と紹介状を書いてくれたのです。で、件の診断ですよ。しかも、昔のケガのことなんて言わなかったのに、触診だけで、右がダメだとおっしゃいましたからね。正直、オヌシやるなと思いましたよ。
その後MRI検査を受けて、左には水が少したまってるものの、そんなに悪いとこはなくて、右は前十字じん帯がないことが判明。結論は、右膝をかばって長年生活してきたツケ(先生はストレスとおっしゃってました)が左の膝に出のだろうと…。じゃぁどうすりゃいいんですかと聞いたら「再生手術すりゃいいんです」とあっさり言われて、でもシーズン前で忙しくなる時期だったので、「シーズン終わってからでもいいですか?」ということになって、そんなら、装具着けて仕事しなさいと言われて右膝用のCTIを作って、なんとかシーズンをやり過ごしたわけです。
で、今まさにシーズンオフになったのだけれど、そうなりゃそうなったでやっぱりいろいろ都合がつかなくて、しかもこの間ずっとヒョコヒョコ歩きの日々を送っていたのですが、左膝が痛いという生活にもなれてしまって、手術どうしようかなぁなんて思ってたわけです。そしたらなんと今日、これまたジャスコでお買い物して、荷物を抱えて団地の階段上がっろうとしたら、今度は右膝に痛みが…。
あ~あ、やれやれもうホント、ボロボロですよ。右も左もカックンカックンじゃ、やっぱマズイよなぁ。手術しなきゃだなぁ。入院は3週間って言われたけど、費用はどのくらいかかるんだろ。そんなわけで、膝も心もサイフも痛い、今日この頃なのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です