18JMX Rd.3 SUGO

早くも三強体制が出来上がった今シーズンのIA1クラス。もちろん先頭で引っ張っているのは成田 亮だ。本来なら小方 誠を加えた4強になるハズだっだが、開幕戦九州の第1ヒート、そしてようやく初優勝を飾った第3戦SUGOの第2ヒートでも大クラッシュを演じた小方は、自らを追う立場に追い込んだ。ディフェンディングチャンピオンの山本 鯨もまだまだ本調子とは言えない状態だ。練習走行、予選で一発のタイムをマークしながら、決勝では苦戦を強いられるという展開が続いている。「スタッフが懸命に取り組んでくれたおかげで先が見えてきた。」というコメントからは、マシンが決まらない様子が伺える。チームメイトの成田が好調なだけに、誰より勝利を渇望しているに違いない。ランキング2番手につける新井宏彰は、昨シーズン怪我で不本意な結果に終わっているだけに、シーズンを通してのリザルトに重点を置く。去年の自分がそうだったように、いつ誰にどんなアクシデントが起こるかは予測できない。大事なのはそのチャンスを活かすことができるポジションにいることだ。このまま成田がライバルを置き去りにするのか。その判断は中盤戦に差しかかるこの先の楽しみにしたいと思う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です