『大きく変わるよ~!!』【2018全日本モトクロス選手権シリーズ新フォーマット】

3月10~11日に広島、宮城の2会場で2018MFJモトクロス運営統一セミナーが開催され、参加した関係者に対して、今シーズンのレースフォーマットの変更などが告知された。

全日本モトクロス選手権シリーズに関しての大きな変更点は3つ。まず第一は、IA1の予選がタイムアタック制に。次にIB Open H1を土曜日の最終プログラムとして実施。更にこれまでヒート毎に行われてきた表彰式を第2ヒート終了後に暫定総合として行う

目的は競技進行のスムーズ化とショーアップ。これまで予選のみだった土曜日は、IB Openの決勝H1がメインイベントとなり、日曜日は公式練習走行の後、IB Open H2~IA2H1~IA1H1~CX~LMX~IA2H2~IA1H2+ウィニングラン…というレースフォーマットが基本になる。

また、シーズンを通じ、ほぼ全会場でダートフリークが発売した子供用電動バイク「ヨツバモト」の体験試乗会が実施される。子供たちに大人気のキックバイクとオートバイの中間に位置するモビリティで、コンセプトは「こどもとバイクの関係をぐぐっと近づける」こと。アクセル操作で走る楽しさを知れば、きっとバイクを好きになってくれますよね。下の写真#12の池田さんが、ヨツバモト伝道師として全国を回ります。どうぞお楽しみに!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です