The future Monster Energy Motocross of Nations and MXGP events

2017 MXoN イギリス/マターリーベイシンの会場から配信した気になっていたHYPER MXINGの現地速報ですが、回線の不良(プレスルームの回線渋滞とVodafoneのアンテナが立たない)でアップした気になって出来てなかったコンテンツがいくつもありました。

あれれ、1番大事なニュースが送られてないじゃんってことで、FBページではなく改めてこちらにアップします。

公式レポートを読んだかも少なくないと思いますが、2018のMXoNはアメリカのレッドバッドでの開催が決定。そしてなんと今年雨でレッドフラッグ中止となってしまったインドネシアGPは、バンカ島パンガルピナンに加えてジャワ島の北側(首都ジャカルタから460kmの北側の海岸線っていうとスマラン周辺?)の2大会が行われるとのこと。開幕戦中東カタールはカレンダーから外れたものの、代わってトルコGPが加わり、2019年からの中国GPも開催に向けて準備中。プレスからの質問で、場所は上海近郊になるとのこと。

イタリア人のロンゴさん、スポーツのことをスポルトって言うんですが、「our sportはソーシャルメディアを通じて日々世界中の何万の人々が関心を示している。インドネシアには巨大なモーターサイクルマーケットがあり、2019年の中国での開催を含めてまだまだ盛り上がる。」というようなことをスピーチしてました。

インドネシア2開催マジー? と思いつつ日本も乗り遅れないように頑張らねば!!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です