MXGP来季最終戦がイモラで開催されるという公式発表が、ロンバルディアGP予選レース記者会見終了後に行われたとのこと。

MXGP来季最終戦がイモラで開催されるという公式発表が、ロンバルディアGP予選レース記者会見終了後に行われたとのこと。

イモラと聞くと、アイルトン・セナの事故が思い起こされますが、間違いなく世界に名だたる名門サーキットの一つ。2007年以降F1の開催がなくなったことと、MXGPのエンターテイメント性向上をめざすMXGP運営組織との思惑が合致したものと思われます。

「1948年から1965までモトクロスイベントを開催していた。我々はモトクロスのDNAを有している」というサーキット代表のコメントが心強いです。オランダ、アッセンでの開催もそうですが、MXGPは確実に新たなステージへと向っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です