17MXGP Rd.2 Indonesia

よく見ると裸足のオフィシャルさんがいます。というか、スタックポイントではほとんどのオフィシャルさんが裸足になって、動けなくなったマシンのレスキューにあたっていました。
このスポーツにはいつだって相当のリスクがつきまとっているわけです。想定外のとか不運が重なってとか最悪の状況とか、つい言葉にしてしまいますが、そこでどれだけベストを尽くせるか。ただそれだけの話のような気がします。
スタックポイントで身動きが取れなくなったり、走れなくなったライダー、マシンがいた一方で、最後まで確実に走りきって結果を残した者もいる。誰もがベストを尽くそうと頑張っていた。それだけで、この大会に足を運んだ価値はあったなと思いました。頑張れ!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です