【INSIDE OUTSIDE】「熱田孝高選手、全日本最終戦MFJ-GP直前インタビュー」

yoshitakaatsutaw

ほんとに辞めちゃうの? 辞めるの止めてよ。

 そんなことしたら(引退レースの応援グッズ等を一生懸命手配してくれた)アニキ(高輝)が怒りますよ(笑)。

そもそも引退を決めた理由は? ランキングだって4位(第8戦終了時点)だよ。6位の田中選手、9位の北居選手、揃っていなくなっちゃったら、関係者もファンもたまらないって。

 まぁねぇ、契約に関して会社やいろんな人と相談して、総合的に判断した結果なんだけど、1番の理由って言われたら、今シーズン勝ててないことかな。

家族は?

 奥さんは、お疲れさま、これでやっと安心して寝れるって言ってましたね。

初めて会った頃、ってヨシが全日本出始めた93とか94年頃のことなんだけど、IB時代もIA1~2年目も、こう言っちゃなんだけど、ルーキー時代の「タカタカ」は、結構ダサかったよね? でも、途中からどんどん強いライダーに成長して、全日本チャンピオンになった翌年(02年)からは世界選手権でも活躍したし、全日本に復帰した06年に2度目のタイトル獲って、それからもずっとトップを走り続けてきた。B級時代圧倒的に速くて、鳴り物入りでIA上がってきたのに、その後鳴かず飛ばずで消えてしまうライダーだって大勢いるわけじゃない。これって誰にでもできることじゃないよね? みんなにはなかなかできないことが、ヨシにできた理由はなんだったんだろう。

 IB時上がって全日本出たけど、勝ったことどころか表彰台すら1回もなくて、当時アニキはホンダの先行でブイブイ言わせてて、オレは完全に「アツタ弟」でしたからね。
 94年? A級125もパッとしなくて、3位もなかったよね。それでシーズン終わった帰りね、当時所属してたササキプロレーシングの佐々木さんに、「オマエこんなで来年どうするんだ?」ってトラックの中でひたすら説教されたの覚えてます。最後は5-6位で、自分としてはまぁまぁだったんですけどね。

小田切君がチャンピオンになった年ね。最後のヒートは高見、タカセ、松田チョッチ、小田切、森田一輝がいてヨシだ。これまた微妙。

 で、なんだっけ? 速くなった理由? そうねぇ、ずっと目指すものがあったからじゃないかな。01年に全日本チャンピオン獲って、でもそれは自分の目標じゃなくて、チャンピオン獲ったら世界に行くっていうのがありましたからね。

タイトル決めた直後に、目標達成おめでとうって言ったら「オレ、全日本チャンピオンが目標だなんて1度だって木田さんに言ったことあります?」って怒られたの覚えてる。あ~、コイツ、本物になったなってそのとき思った。で、その前にアメリカに行ったよね。96~97年?

 あれは親の援助のおかげですけど、高校卒業するの待ってアメリカに行ったんです。大学行くか、モトクロスするためにアメリカでトレーニングするかって。で、そりゃアメリカ行きますよね。カリフォルニアに住んで、とにかく毎日乗ってましたね。コースいっぱいあるし。あの頃だって実力的に何もできないのは同じで、でも環境はあったから、とりあえず行って乗ってって感じでしたね。辛いこともいっぱいあったんだけど、なんでかなぁ、楽しかった。でも、どうかな、結果的に大学行くよりは安かったと思いますよ。
 それであの頃ね、まだ芽が出ないっていうか、アメリカにいて、みんな誰もそんなこと思わなかったろうけど、オレは自分が全日本チャンピオンになれるって信じてた。周りは全員、無理だって言ってたけどね。絶対できるっていう気持ちっていうか、確信があったんだよね。だってさ、最初に無理だって思ったら、努力しないしできないじゃん。

帰国後、メキメキ成績が上がって、モトロマンからワークスに抜擢されて、00年が高濱選手に続くランキング2位。01年に12勝上げてチャンピオン。ここSUGOだったよね。表彰台の上で「来年GP走りま~す! アレ、まだ言っちゃダメ?」って。その世界チャレンジは、1年目の開幕戦で大腿骨骨折っていう最悪のスタートだったよね。なけなしの金はたいて行ったのに…。

 まぁ、怪我はしょうがないけど、実際にレースしてみて、これじゃダメってところが多かったかな。なんとか表彰台に乗りたかったんだけど、当時3年スパンって約束だったし、それでも1年スズキのサテライトチームと契約して、まぁ、体制的にもキツくて、それ以上先にはいけなかったんだけど…。

4年目のシーズン、えっ、これが本番車なんだって思った。

 それで一度日本に帰って仕切り直しだなって。でも、スポットでAMA出たり、ネイションズとか、その都度目標があった。

ヨシと成田君と一緒に片道2000km近く走ってワシューガルに遠征したときのことすごく覚えてる。コース行ったら加賀真チャンやエーゴがいて、前の年は中山透君とか高輝もいたような…。

 結局モトクロス馬鹿なんでしょ。みんなモトクロス好きなんだろうけどさ、自分は乗ることが好き。中には映像とか見まくってて、なんでそんなに詳しいのってライダーいるけどさ、オレはそんなに人のレース見るの好きじゃないんだよね。それよりレースするのが好きだし、テストや練習だって、キツイけど楽しい。

ヨシが練習でかなり乗り込むってのは有名だ。

 さすがに3本目は辛いけど、それでも楽しいんですよ。

ざっくり計算したらさ、IA上がってからだけでも、300レースぐらいは走ってるんだね。

 ワカンナイよそんなの(笑)。けどやってる?

1番印象に残ってるレースは?

 それはやっぱ初優勝でしょう。HRC1年目でゼッケン5付けてた年。

99年、ルイスがいた年。

 SUGOがまだ逆周りっていうか、今とレイアウト違ってて、高木君に後ろぴったり付かれて、もう30分が1時間に思えるくらい必死で逃げてさ。最後、これで勝ったのって戻ってきたら、当時のメカの高田さんが両手上げて待っててくれて、一緒に抱き合って泣きました。最後のウィニングランなんて、ヘルメットの中で大泣きでしたよ。

ライバル成田選手のことも聞きたいな。

 アキラがいなかったら今のオレもいない。それは間違いなく。
 B級の地方選だったかなぁ、混走のレースがあったんですよ。アキラはNAで、スタートからずっと後ろに付かれてね。IBがNAに負けるわけにいかないじゃない。必死で走り切りましたよ。それからずっとね。ヤツに勝つことが自分のモチベーションになってましたからね。

それでもさ、ヨシのリザルトって2位が多かったよね?

 負けたからってくよくよしてもしょうがないでしょ。くよくよしたからって結果は良くならないし、常に前向きにならなきゃ。オレはそういうスタンス。

後輩や次の世代に関しては?

 若手に育って欲しいよね。SRMの手操とかいいんじゃない。楽しみなライダーだと思うな。あとはもっとハングリー精神剥き出しで戦ってほしいかな。ゆとり世代って言われちゃってるけど、最近段々分かってきてさ、彼らだって情熱がないわけじゃないんだよね。出さないだけ。

引退後のプランはあるの?

 今まで辞めたあとのこと考えたことがないんですよ。正直に言うと1度だけあって、何するのかなぁなんて悩んだんだけど、今レースしてる自分が辞めた後のこと考えて何になるんだってバカらしくなった。そのまま今日まで来ちゃった感じ。最後のゴール超えてからゆっくり考えればいいんじゃない。

その最後のSUGOだけど…。

 今年まだゾーンに入ってないんだよね。ゾーンに入れて走りたい。もうそれだけ。

ファンはこれが最後かって寂しく見守っちゃう気がするけど…。

 いやもう引退Tシャツでも旗でもタオルでもなんでもいいんで、ほんとに最後だから応援してくださいよ。絶対に力になりますからね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です