【AMAアマチュアナショナル】下田 丈がロレッタ・リンMX でパーフェクトV!!

160807JS01アメリカ最大のアマチュアモトクロスの祭典「the Rocky Mountain ATV/MC AMA Amateur National Motocross Championship(通称ロレッタ・リンMX)」は、8月1日からの6日間に渡ってテネシー州ハリケーン・ミルズで行われ、三重県鈴鹿市出身の下田 丈(14歳/KTM)が、13~16歳のライダーによって争われるSuper Mini 2クラスで見事3ヒート全勝を達成し、日本人としては初めて同大会の総合優勝に輝いた。

モトクロス界のスーパースターを数々輩出し、プロライダーへの登竜門としても知られるロレッタ・リンMXは、全米各地の予選会を勝ち抜いた1500名近いライダーが一堂に会し、1週間に渡ってクラスごとの全米一を決めるビッグイベント。アメリカ・カリフォルニアに移住しトッププロを目指していた下田は、12~15歳によるSuper Mini 1クラスこそ3-7-1位で総合2位に甘んじたものの、よりレベルの高いSuper Mini 2クラスでは、3日間3ヒートを圧倒的な強さで完全制覇、日本人としては初めて総合優勝に輝いた。

テニスの錦織 圭同様、3年前から本場アメリカに移住してモトクロスのトップライダーを目指してきた下田は、ケガのため出場できなかった年を含めると、4回目のチャレンジで念願の総合Vを達成した。

全米No.1の称号を手にした下田は、休む間もなく8月27~28日にロシアのオリョーノクで開催される世界大会ジュニアワールドMXに、日本から参戦する同じ14歳の中島漱也(ヤマハ)、岸桐我(KTM)と共に出場。今度は世界一をめざすことになる。
※画像はLoretta Lynn MX Facebook page より。

公式リザルト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です