【MXGPチーム体制】(Team HRC’s 2016 MXGP riders presented at EICMA)

EICMA_Gajser_2

MFJ-GPのときにすでにウワサになっていましたが、ミラノで開催中の世界最大のモーターサイクルショーEICMAでMX2チャンピオンのティム・ティム・ガイザーが来季MXGPクラスにワークスマシンで参戦するとHonda Motor Europeから正式発表。所属はHonda Gariboldi Racing teamのままで、本体のHRCはゴーチェ・ポーランとイフゲニー・ボブリシェフを継続起用。ホンダは引き続きこの2チームをワークスとしてサポート。マシンはCRF450RW。今季成田選手が実戦テストを行ったセルスターターのマシンがヨーロッパデビューを果たすと思われます。

また、別途メディア向けに配信された「2016年Honda二輪モータースポーツ活動計画 ~世界選手権参戦体制・ダカールラリー2016参戦体制~」には、「HRC契約ライダーの山本鯨が「Team Assomotor Honda」からCRF450Rで参戦します。」と記載されています。

ちなみに怪我続きで2シーズンを棒に振ったジェフリー・ハーリングスは、「「完治にはまだもう少しかかるんで、テストも出来ないし、乗りなれたMX2で再チャレンジすることになると思うよ。」とコメントしています。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です