すまん

なくならないもんですね…放ったらかしといても。
去年の最終戦はどうしたんだという自分にツッコミつつ、2010開幕戦取材の記憶の記録。
MXING、ポスター2台を受け取って家を出たのがたしか金曜夜9時ぐらいだったかな。
東名~伊勢湾~東名阪~名阪国道と走って伊賀上野と針でコンビニはしごしたら朝になって会場入り。
めちゃくちゃ寒かった。Aパドックの水たまりが凍っていた。薄氷の下にオタマジャクシが寒そうに固まっていた。
午前中は撮影その他。1.5日の新スケジュール、暇かなぁと思ったけど案外そうでもなくて、東パドックには行けなかった。
お昼近くなっていよいよ走行開始。
いいねぇ、モトクロスは。たとえ電気の時代が来ても内燃機関はなくならないと思う。
どのクラスも走行時間が短くてロクに(ロクな)写真が撮れない。「モトクロスってどうやって撮影するんだっけ?」となりつつ、コースをウロウロ。バタバタとプログラム終了。
夜、伊賀の湯でお風呂と晩ゴハン。パドック戻って就寝。寒かったけどぐっすり寝れた。
日曜日、決勝…と書けば良かったけど、今年からは予選・決勝取材。
ベストコンディション。土曜日の風も収まって、日中温かくなっていい感じ。
チャンピオン強かった。IA1の予選なしはやっぱダメだと思う。SHOOT OUTがますます楽しみになった。
終わって速報作業、一旦移動して伊賀の湯でお風呂と晩ゴハン、さらに移動して速報作業、そんで仮眠。
朝起きて、ここはどこだんべ? と地図を見る。そうだ岐阜県だった。
伊勢湾道をそのままズンズン走って飛騨道に乗って北陸経由でいわきに行こうと思ったんだけど断念。中央道で帰宅。さっそく画像や原稿の催促があって、やっぱ帰宅して正解。
山本 鯨君をやっとトーチュウに載せられた。
実家の様子見は今週末。母、父すまん。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です