カントー

08jmxr02kk_0292c全日本第2戦関東大会終了。バタバタし過ぎてほとんど残ってない記憶の記録。
開幕戦近畿が終わってヘロヘロヘ~で帰って来て、トーチュウに記事送ってなんやかんや雑用があって、木曜日はGAORAの収録で大阪日帰り。週末は、ちょっと一息入れようかと思ったけどモタード行った。
月曜日はMXING Rd.2のフィニッシュ。パネルの再刷と平塚、田中教世両選手のポスター制作して、別件で頼まれてた昔の写真を掘り出して、木曜日はまたまたGAORAさんの収録で大阪日帰り。で、金曜日印刷物をアレコレ引き上げてオフヴィ移動。途中JAWSの実家に久々立ち寄って長話。会場近くのコンビニ巡ってパドック入ってワイン飲んでお休みなさい。
土日はレース取材と速報作業。土曜の晩は小菅さんちに泊めて頂いた。案の定飲み過ぎた。
月曜日の昼近くに作業終了。R17三橋でお風呂入って、JAWSじゃない方の増田家に寄って帰宅。へー、火曜日はお休みですか。っていうか、世間は大型連休ってヤツですか。へー。
関東大会、さすがにお客さん多かった。2度目の開催とあって、いろいろ進歩もあったんだと思う。でも、思い返すと「う~ん」ってところも少なくない。まず、危険なシーンが何度かあった。土曜日、一般の観戦エリアで写真撮ってたら、T選手のマシンがセーフティネットの下から飛び出してきて巻き添えでコケた。ケガは大したことなかったけど、正直自分で良かったと思った。一般のお客さん、まして女性や小さい子供だったら大事になってたと思う。念のため本部に報告して、観戦エリアを少し下げてもらった。
決勝中も危険なシーンが何度もあった。特にIA2スタート直後のコースアウトは心臓が止まりそうだった。あとちょっとで、事故じゃなく事件になるとこだったと思う。IA1でもスタート直後にコースアウトがあって、プレスがケガをした。まぁこれは、観戦エリアではないので仕方ない。でも、ライダーのケガも多かったと思う。2日間で救急車何台来ただろう。出来る限り安全に配慮した結果なんだろうけど、限られた場所で見応えのあるレースを演出しようと思ったら、仕方ないのかなぁ。
あと、関東大会って、どうしてあんなにコーステープ使うんだろうか。「立ち入り禁止」と「MFJ」の黄色と赤のテープが会場中に張りめぐらされていた。美観を大いに損なうし、大会終わったら全て燃えないゴミだよね。もう少し考えて欲しい。
公式発表の観客数は16000人だったけど、実際の有料入場者数は3000人に満たないって話を聞いた。いつも思うんだけど、MFJはなんでここで嘘の数字を発表するんだろうか。嘘は良くないと思う。
それから大会終わってオフィシャルサイトをチェックしたけど、MFJのレポートの粗末さは論外。メーカーサイトも、写真とかもうちょっとクオリティ上げられないんだろうか。確かに背景とか処理するのが難しい会場ではあるけど、頑張ってるサイトもあるわけだし、全日本がすごく見すぼらしく見えてしまって、なんだか残念。それが現実なんだから仕方ないのか。ライダーが命かけて頑張ってくれてるだけに、周りも全力で頑張れと思った。自分も頑張れ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です