ベテランズ

すぐ忘れるので思い出したときに書いておきます。
今年のMFJ GP、マスターオブモトクロスはやらないらしい。というか、事務局及びベテランズはやる気満々だったけど、MFJから断られてしまったらしい。
去年くらいにそういうハナシがあるとどこかで聞いた気がする。でも、あんなに盛り上がってたわけだし、お客さんも喜んでいたし、そんなことになるハズがなかろうと思ってて気にしてなかった。そしたらもう随分前だけど、moto1開幕戦のプレスルームで、マスターズ事務局の高橋さんに「決まっちゃったのよ。」と聞いて愕然となった。なんで?
今週末のWMXスペインGP、「The FIM Veterans World Cup will start this Saturday and Sunday」なんですよね。AMAナショナル開幕戦のグレンヘレンでもベテランズMXのイベントがなんかあるらしい。
その二つのリリースを読んで思い出して腹が立ったのでこれ書いてるわけです。
ほんと何考えてるんだろうね>MFJ。全くもって、時代の空気が読めてない団体だなぁと思った。年少者、女性の普及対策に力を入れるっていう今年度の方針は確かに理解できるけど、一方で、生涯スポーツだのエンターテイメントの確立だの言ってんじゃんね。SUGOのお客さん、ベテランズのレース見てどれだけ盛り上がって、元気もらってたか、審査員室のおエライさんたちは見てなかったのかしら。
ウーマンズ然り。世界はどんどん先に行っている。どこまで行けるか、限界点にチャレンジし続けるからレースは面白い。日本のレース(運営)にはそういうビジョンがまるでないよなぁと思う。ガンバレよ>MFJ会員。オレもだけど。
あと、この作業から開放されたので敢えて書きます。
開幕戦のレポート、いくらなんでも内容ヒド過ぎないか。書き出しから「iA-1」ってなんだよ。誤字脱字だらけ。内容が偏り過ぎ。オフィシャルレポートがこんなんで、果たしていいのか。『メディア露出』の拡大…もテーマでしたよね。頑張ってください>中の人。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です