アンセイ

粛々と全日本第8戦近畿大会記憶の記録。
締め切り山をなかなか越えることができずに、4日いわきに移動。実家で原稿書き。
5日、ホンダの08CRシリーズプレス発表会。そのままいわきに居残り原稿書き。
6日、台風接近、台風直撃、台風一過、全て関係なく原稿書き。
7日、朝まで頑張ってなんとか一山越える。午後東京に移動。印刷物引き上げて夜名阪に移動。
8日早朝名阪着。予選取材。予選終了後会場に居残りで作業。その後道の駅針SAで入浴、ビール、睡眠。
9日決勝取材。決勝終了後、会場を後にして伊賀上野の伊賀の湯駐車場で作業。深夜ビジネスホテルの駐車場に移動し作業。朝9時に終了。
10日、途中東名SAのフリースポットをチェックして浜松へ。TさんとHさんとミーティング。深夜ビックリドンキーで飯(ビール)、そのまま仮眠。
11日、清水へ。太田家でうだうだ。すっかりお邪魔して夜帰京(久々の帰宅)。
その後、ダウン。
久々の全日本。名阪っていろいろ作業の面で大変な部分もあるんですが、それなりに頑張ったつもり。
決勝日、IA1H1スタート前にN先生からクラッシュしたライダーが重篤な状態と聞いて、気が気ではなくなった。その後、どうやらそれが深田卓哉選手らしいと聞いてさらに動揺。帰り鷹の4tとすれ違ったので、状況を聞いてますます動揺した。正直言って、速報の作業をする気力も失せてしまう。こういう状況に直面したのっていったい何度目だろう。卓哉と自分に頑張れ頑張れ言いながら作業した。
1週間経過して、深田選手のブログに、「意識が戻った」の報告が。よかった。1カ月以上昏睡状態が続いたS一より遥かに経過は良さそう。合宿でクラッシュしたS也も元気になったんだよね。卓哉、もう一頑張りもふた頑張りも必要だろうけど、しっかり直して戻って来い。
というわけで、気持ち高めてネイションズ出発まで頑張ろう。頑張れ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です