ワケワカッテナイ

最近益々ワカンナクなって来ている。メディアに関して。間違いなくその中で仕事してるハズなわけで、自分の仕事がワカンナイってのはどうにもマズかろうと思うんだが、どんどんワカラナクなる。
学生時代、「メディア概論」みたいな講義があった…ような気がする。まだインターネットなんてなかった時代だ。ナニをやってたんだろう。出とけば良かった。たぶん神保町の焼き鳥すかんぴんで飲んでたんだと思う。
唯一、知らない人に伝えるってことを核に置いとかないとダメだと思っている。もちろん欲する人に伝えるのもメディアの役割だし、大事なことだってのは理解できる。でもジャーナリストとして、一人でも多くの人に伝えるというスタンスを失くしたら、ダメだと思う。ところがメディアっていうの伝達のシステムが理解できてない。困ったもんだ。
仕事するときプレスゼッケンての付けるし、会場入るときも「プレスです。」って言うと大抵ゲートスルー出来ちゃうんだけど、PRESSってのは、印刷のこと? 報道の自由は元々が印刷出版の自由なんでしたっけ? こういうの今どきはウィキペディアで調べるの? 使ったことないんだよなぁ。昔から勉強嫌いだし。
ブログだってメディアだよね。時代の最先端メディア? ボクはそんな気さらさらないけど、「ブログを使って世の中に情報を発進してるんだ。」っていう自覚のある人は、=報道に関わってるわけだから、ジャーナリストやプレスにもなれちゃうんだと思う。実際、ブログ立ててりゃ全日本の取材申請は出来ちゃうみたいです。そういうワケワカンナイプレスもいっぱいいるもの。1番ワケワカッテナイのはボクだけどね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です