スノモ

07jsmr01_133全日本モトクロスのライダーたちは、アメリカやらオーストラリアやらパーク神戸やらしどきやらで始動してるわけです。いつまでも冬眠してるわけにはいかんなぁと思い、リハビリ兼ねてスノーモビルの開幕戦に行って来ました。
場所は新潟の越後中里。スキーのメッカ湯沢温泉エリアの割とトンネル寄りの方。
リハビリ兼ねてと書きましたが、実は所沢でほんとのリハビリしてる先輩をお見舞いに行って、そんで関越のチェーン規制を見たら積雪はなさそうなので恐る恐る行ってみたというのが実際。ちなみに道路に雪は全くなくて、ラッキーというかやや拍子抜けな感じ。ついでに小出に住んでる友人を訪ねて、土曜日の晩はまたも暴飲してきたのでした。
でもって実は初めて取材したスノモレースですが、いやいや、雪上のモトクロスというキャッチフレーズは聞いていましたが、ある意味雪上のという修飾がいらないくらいモトクロスでした(笑)。
この大会、湯沢の観光協会がバックアップしてて、町を総出で盛り上げてるって雰囲気が印象的でした。毎年そうなのかと思ったら今年は特別だったみいたで、スキー場がかつての賑わいを失ってしまった昨今、地元は復興に躍起なんですね。町中の至る所にポスターが貼られ、会場の広場ではタダ豚汁やタダ酒まで振る舞われてたけど、お客さんはそんなに多くなかった。もともとロッジや移動のためのリフト、音響など観戦インフラは整っているわけで、運営はすごく頑張ってたのにそれがちょっと残念。さほど営業活動しなくても、ある程度の数お客さんが足を運んでくれるモトクロスは、やっぱ根強い人気があるんだなぁ…なんて、すげぇ久しぶりに乗ったリフトに揺られながら思ってしまった。
カッコいい写真がいっぱい撮れたので、明日あたりHYPER MXINGで配信する予定。
そうそう、ワークスはヤマハだけかと思ったら、HRCメカ軍団が観戦に来てました。
レース終わってすぐにトーチュウに速報送ったけど、パリダカフィニッシュとか佐藤琢磨の初テストであえなくボツ。明日掲載してもらえるかなぁ。
ちなみに帰りの高速渋滞していたので、沼田で下りて丸沼でペンションやってる幼馴染みを訪問(押しかけ)。そうか、10年ぶりか。何はともあれ、有意義な週末でした。
というわけで写真は開幕戦初&総合優勝を飾ったクラブヤマハの永倉選手。ナガクラじゃなくてエイクラだそうです。今シーズンの活躍に期待。
以上、報告でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です