ねだらんど

↓てなことを書いてたらエライことになっちゃったじゃないですか。わはははは。乗り遅れた。チクショー!! この間抜け!! とあまりの愚かさに自分に呆れ返って物も言えないけど書くことはできる(笑)。いや、イギリスとこっち(フランス、オランダ)って時差あるんだよね。そんで、クルマの時計は治したんだわ。でも、時計代わりに使ってた携帯の時差修正するの忘れてた。12時にレンタカー返してチェックインして、搭乗ゲート近くのネットサービスでメールチェックしたついでに↓書いて、たまには早めにゲートに行ってみるかと思ったら、飛行機がバックしてた。「ミスターキダ?」とチェックインカウンターのオバチャンも呆れてた。あ~あ、とうとうやっちゃったよ。ってヒコーキ乗り遅れたのこれが3回目だ。それも国際線ばっか。バッカじゃないのまったく。
とまぁ、クヨクヨしたってしゃぁないじゃんね。チケットはエクストラチャージ払うと明日の便の分を再発行してくれるらしい。ヨーロッパ滞在が1日伸びたんだから楽しまなきゃってんで、電車乗って…って話が前後するね。ちっと、戻すか。
なんだっけ。そうだ金曜日の朝からだ。駅の駐車場にクルマ止めて寝たんだけど、一晩中雨が降った。いやいやまたしてもマディかよと思ってとりあえず会場に向かう。プレスクレデンシャルの担当の到着を待ってたら、佐藤敏光さんツアーご一行様が到着。ライダーたちも次々とやって来た。
そんで金曜日は雨の中、日本代表チームの撮影。これ敏光さんが全部仕切ったんだけど、最終戦のエバーツのフォトセッションみたいにチームが仕切ってくれないもんですかね。でも、撮影の段になって雨が上がった。ラッキー。それと前後して、有力チームの記者会見なんかもあった。取材用の短パンじゃなくて、移動用の長ズボン履いてたら、たちまち裾がドロドロになった。そのドロドロのズボンで、金曜夜の食事会に出た。食事会終わる頃、カワサキの溝口テッチーと中村友則選手から電話があって、場所が分からないという。そんで道案内した。二人が到着したのは、ほとんど食事会がフィニートする頃だった。全く土地勘がないというので、とりあえず地図みたらなんとかなりそうだったので、ボクとKさんで二人をホテルまで送ることにした。結構迷った。だって、ホテルの名前は違ってるし、なんであんなとこにあんなホテルがあるのよっていう感じの隠れ家高級ホテルだったのだ。急遽イギリスに行くことになってホテルの手配を会社に頼んだら、向こうでブッキングしてくれたのがスチュワートと同じホテルってことになっちゃったらしい。真っ暗な森のなかに明りもない道が続いてて、その奥にひっそりとあるコテージ風のホテル。中に入るといきなりプールがあって、ジムもあるらしい。お金持ちの会員制ホテルなのかなぁ。さすがカワサキワークスすごいなぁ。ほんで、自分たちが予約したモーテルに到着したのは1時過ぎてた気がする。せっかくのベッドなので速攻で寝た。
ちなみにホテルですけどね、予約したのは金曜日の1日だけ。あとは行き当たりバッタリというか、土曜日は絶対に会場のパドックに泊まりたかったので、あとはまぁねぇ、なんとでもなるだろうくらいな感じです。
そんなわけで予選が終わったあとは、プレスルームで作業して、マーチンホンダさんに晩御飯ご馳走になりに行って、したっけホスピタリティマネージャーのロレンツォさんと大飲み会なってしまって、すっかり酔っぱらってクルマに戻った。マーチンホンダのみなさん、本当にありがとう。おかげでぐっすり眠れました。
ガーガー寝てたら(たぶん)明け方、雨の音で目が覚めた。かなりの本降りだった。土曜日は天気も持ってくれて、まぁまぁのコンディションまで回復したのに、また振り出しっていうか、マディ出しだ。5時にプレスルームに行く。現地でネイションズやWMXとは全然関係ない仕事が入って、それをやっつけようと思ったんだけど、プレスルームの電気がどうにも調子悪い。っていうか、なんとか電源取れないかなぁと思ってたら完全に落ちた。どうやら雨に因る漏電みたいだ。(松浦)あやややや。そんでも夜明けと同時に雨も上がって、スタッフが来て電源も回復。でももう、別の原稿書いてる気分じゃなくて、朝早く起きて、本番前に仕事を片付けるって作戦は見事失敗。そのまま決勝取材に突入。
予選決勝の話は軽く流します。今回佐藤家は敏光さんだけじゃなくて、佳世子さんや光や圭、もちろんDCの浦島編集長も揃って万全の取材体制だったので、DC誌とかDS誌とかGA誌も期待してください。…っていうか期待しています。
決勝終わって、プレスルームに居残りで作業。トーチュウも大きくは載せてくれないだろうなぁと思うと、なんだか気持ちがイマイチ乗らない。エバーツという史上最高のモトクロスライダー、アメリカというモトクロス最強の国の代表が最高のレースを見せて、もうその感激で胸が一杯だったってのもあるけど、日本チームは何がいけなかったんだろう、今後どうすればいいんだろなんて気持ちもモワモワしていて、満足度120%にモヤモヤ20%で結局頭の中は満タンって感じだった。
夜中、ロンドンの北まで移動してモーテルにチェックインした。金曜日に泊まったプレミアインっていう高速のサービスエリア内にあるモーテルチェーン。土曜日の朝、フロントで予約してもらったのだ。なんでロンドンの北なのかというと特に意味なし。そこが比較的安かったから。
月曜日は朝遅めに起きて市内観光。って言ってもボクは木曜日になんとなく見て歩いてたので、Kさんを大英博物館に送ってって、ボクは市内をブラついていた。昼過ぎにはフィッシュ&チップスも食べた。不味くはなかったけど、量が多すぎです。あとグリーンピースの意味がワカラン。夕方Kさんと再び合流して、市内をあちこちドライブして、そんで夜ホテルの近くのファミレスで晩御飯食べて寝た。なんかロンドンって、古い町並みはともかく、ある意味ちっちゃい東京みたいでボクにはつまんなかった。物価高過ぎだし。
火曜日、朝起きて、ホテルチェックアウトして、ガトウィック空港に向かう。ちょっと早く着き過ぎたけど、そこでKさんと分かれて、ボクはそのままドーバーへ。予約してた帰りのフェリーは17£だか取られたけど前倒ししてくれて、12時ごろ出航できた。ドーバー~カレーってフェリーで2時間くらいなんだよね。時差の関係で、イギリスに行くときは1時間損するから3時間。フランスに戻るときは1時間得するんで1時間。そうだよ、そこで携帯の時刻を13時にしておけばよかったのよ(笑)。
カレーから高速を北に上がってベルギーに入って、ブルージュって町を見ていこうかなと思って市内の駐車場を探してたら、それまでチンプンカンプンだったFMラジオから「モトクロス」、「ステファン」って名前が聞こえてきた。したっけ、パーソナリティが電話をかけて、出てきたのがステファンの奥さんのケリーさんで、すぐにステファンに代わった。当たり前だけどステファンもケリーさんもフラマン語をしゃべってた。引退のこと、モータースポーツの世界にすごい記録を残したってこと、ネイションズで勝ったってこと、サヨナラパーティのこと…なんかを話してたんだと思う。20分くらいやりとりしてたかな。
0609euro10
ブルージュの町もなかなかステキでした。ベルギーなのでフリッツを食べました。ソースはわさび味の「サムライ」をかけてもらいました。そんで暗くなる頃アントワープまで移動。アントワープって、いつも町に入るのに迷うんだよね。あと、ネロの教会の場所と港の位置関係がいまだにワカラン。そんでも「セントリウム」の看板頼りになんとか中央駅まで辿り着いて、駅の横っちょのカフェが並んでる中にある、一昨年入ったレストランでムールを注文した。店のオヤジめ、ガーリック味って言ったのにオニオンばっかのよこしやがって、でも美味かったので許す。つうかあれだ。ムールはやっぱアントワープだ。フランス滞在中も2度食ったけど、身の大きさも味も全然勝ってるね。アントワープはネロの教会だけじゃないです。駅前は相変わらず工事中ですが、1度行く価値あると思いますよ。
そんでアントワープから高速北上してスキポールに一番近いサービスエリアで寝て、起きてガソリンスタンドでシャワーして、まだ8時前だったのでオランダの湾を1周ドライブして、空港でレンタカー返して、…ここまではしごく順調だったのになぁ(笑)。
0609euro11
結局居残り確定後は、空港に荷物全部置いて、アムステルダムに行って、最初にタイ料理屋さんでトムヤムクンとカオパット、運河クルーズ乗ったあとでラーメン食べて空港に戻ってきました。もちろん今夜は空港で夜を明かしますよ。実はこれも1回やってみたかったんだ。
ちなみに今回借りたレンタカー、VWのPOLOってクルマなんだけど、受け取ったとき500kmだった走行距離が、返すとき5000km超えてました。わはははは、あ~楽しかった。…ってことにしよっと(笑)。明日、もっかい搭乗ゲート内のインターネットサービスに寄ってこれ全部アップする予定。うへへへへ。懲りないね、どうも。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です