役割

サイクルニュースのHPが、AMA SXサンディエゴで大きなアクシデントがあったとことを伝えています。
レースにはこういう不測の事態が、避けられない現実として存在してるんですよね。たとえクラッシュが起きても、見た目ほどダメージは少なくて、事なきを得れば、それはスリリングな展開という言葉で片付けられてしまうんだけれど、実際には多くのライダーが傷つき戦列を離脱していくわけです。
メディアは、何を、どこま伝えるべきなんだろうと考えることがよくあります。
そもそもメディアと一括りにすることは無理があって、たとえば一般紙なら、レースアクシデントで死傷者が出るとそれはニュースになるけど、誰が勝ったとか負けたとかは取り上げられないことの方が多い。
一方で専門誌は、原因はなんだったのかとか別の取り上げ方をするんだろうけど、このさじ加減もそれぞれの立場によって違うから、これまたどこまで記事にすべきなのか、その判断は難しい。
トーチュウにモトクロスの記事を寄稿させてもらってるけど、藤波の予選落ちは記事になっても成田のスーパークロス予選通過は記事にならない。まっ、これは編集の判断で、ニュース性ってのがその基準なのは理解できるけど、じゃぁ、ボクは何を伝えるべきなのかと自分に問うと、その答えがすぐには出ないんですよね。
ただ、そういうアプローチを一生懸命やっているメディアも実は少ない気がする。難しい問題だけど、その都度よく考えて、しっかり取材して、判断していかなきゃならないんだよなぁと自分に言い聞かせるわけです。
ボクはJames Marshallというライダーのことを知らなかったから、余計にサイクルニュースのこの記事は、すごくしっかりしているなぁと、極めて当たり前のことを思ったのでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です