逆位相

またくだらないことを思いついたので書いておきます。
あえてCRF250Rの…と言わずに、ボクが思いついたスイングアームマフラーなんですけどね(笑)。
マフラーの最後の排気口というか、…つまりお尻の穴をですね、後ろ向きじゃなくて向かい合わせてみたらどうだろう。
確か前回は下向けたらいいんじゃないかと書いた気がするんだけれど、排気の出口を向かい合わせればさ、お互いの周波数がぶつかり合って、理論上無音…は無理でもかなり消音になるんじゃないかと。
ほら、お寺の鐘の中は意外と静かっていうアレですよ。
タイヤが焼けちまうじゃないかという気がしないでもないけど、ロード系はわざわざスタート前に蒸し焼きにしてるくらいだから返って性能が出ていいんじゃないかと。
これ、ロードバイクで先にやってみたらどうだろ。スラッジでタイヤが滑るじゃないかと言う心配は、技術者の方に頑張っていただいて、それこそインジェクションやらナニやらフル稼働で排気ガスをクリーンにしてもらえばいいじゃんね。
そんくらい音を下げることは大事だということです。インジェクションはマッピング次第でなんだってできちゃうっていうハナシを聞きました。ニュートラルで測定回転のときは思いっきりかぶらせて排気音下げちゃうとか…。そういう姑息な対策に利用しないで欲しいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です