春一番

ここにきて、なんか急に時間が加速してるんじゃないかと感じるのは、地下で大ナマズが寝返り打とうとしているからなのか、巨大隕石が密かに中に近づいているからなのか、開幕前の準備もなんもかもすっかり放棄して引きこもっていたせいなのか…。
ダーヌボemdさんの書き込みで、「@niftyのパソ通サービス終了」というニュースを知りました。いわゆる灌漑一塩…じゃなくて、感慨ひとしおです。
「複数の相手に、どっからでも情報発信できる方法ってないかなぁ」というボクの相談に「ニフティサーブにFAX同胞配信ってサービスがあるよ」と教えてくれたのは、実家が近所で幼なじみの柴田大乗クンでした。
武蔵工業大学モーターサイクルクラブとの出会いも思えば彼のおかげだったというハナシはさておき、「全日本選手権の結果を既成のメディアにいち早く伝える」ことの必要性と、どうすればそれが可能かを考えてたボクに、彼のアドバイスとニフティは大きな力を与えてくれて、思えばそれ以降ボクは、レースが終わると必至でキーボードを叩き、全日本の結果を速報するという仕事に携わってきたわけです。
OASYSという富士通のワープロ抱えて電話回線を探し回ったり、普及しはじめたISDN公衆電話にモジュラーケーブル指して、親指シフトのキーボードで「cnif」と打鍵してた日が懐かしいゼ。机の下から資料引っ張りだして見たら92年だと。ひえ~、まだ髪の毛あったな(笑)。
その後、モータースポーツ系フォーラムのすったもんだだの、バイクフォーラムのすったもんだだの、emdさんも書いてる某専門誌のパティオ立ち上げだのいろいろあって今日ここに至るわけですが(笑)、よくよく考えてみると、紙と鉛筆の仕事からワープロ、パソコンとシステムが変わっただけで、実はやってることはさほど代り映えしてない。そりゃ、時代に取り残されてる気にもなるわいなと。
そんなこんなの今日この頃、尾崎ユーヤがブログで情報発信しはじめました。成田はもちろん、熱田孝高に田中教世、増田一将、大河原功次…。主なライダーのほとんどが自分のサイトを持って情報発信しています。そういう時代に、一向に更新されないほったらかしサイトでお茶を濁しといていいのかという自戒の念はまるでなく、現場のナマズでい続けようと思った○-○、43歳の春なのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です