頑張れ!!

「食わず嫌い」見てたんですよ。今日の対戦は卓球の福原 愛ちゃん(@成田 亮の後輩?)とテニスの松岡修造。二人ともアタマいいね。人の心を惹きつけるというか、あれだけ面白いキャラクターだと、やっぱ応援せずにはいれなくなるんじゃないかと。
そんな番組の中、福原 愛ちゃんが「試合中、頑張れって応援されると困ります。」と言い出した。松岡修造も「そうそう、だって頑張ってるんだもんね。」…と。
最初は「ふ~ん、そうか「頑張れ」と応援されると困るスポーツもあるのか。」…と思っただけだっのだが、世界ランキング何位というトップアスリートの言葉だ、他のスポーツでも同じなのかも知れないと気になりだした。モトクロスのライダーは「頑張れ」っていう応援で元気が出るとか頑張れるとよく言う。その違いはどこから来るんだろうと、一瞬アタマの中が「????」になった。
でも答えはすぐに出た。卓球やテニスやゴルフや陸上競技や水泳…その他、おおよそほとんどのスポーツは、死なない。それに比べてモータースポーツや格闘技や一部の球技なんかは、死の危険が常にそこにあって、選手は対戦相手だけじゃなく、恐怖と対峙することになる。臆していたら勝てない。負けたくないのは福原 愛ちゃんや松岡修造と同じハズ。だから常に自分の限界に手をかけて、さらにそこから一歩先に踏み込もうとする。しかも、たった一人で。
スポーツは大きく団体競技と個人種目とに分けられる。そんな単純なステレオタイプではないけれど、モータースポーツ、特にモトクロスは、どちらかと言えば、というよりどう見ても個人種目だ。人間、一人は弱い。弱いから誰かの支えが欲しくなる。限界を超える次の一歩を踏み出すために、「頑張れ」という応援が選手に勇気という力を与えるのだ。
ちなみに福原 愛ちゃんの食わず嫌いは「キウイフルーツ」。松岡修造は「ゆば」が苦手だそうです。二人の勝負は引き分けでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です