バンコクにて

バンコクに来ました。タイSXの取材です。タイSXと短く書きましたが、正式名称は「ISUZU D-MAX Super Commonrail All Japan Stars SX In Thailand 2004」といいます。長いです。前半のISUZU D-MAX Super Commonrailは、タイ国内で販売されているスポーツトラックの名称で、つまり、シビートラックAMAナショナルじゃないけど、イスズのピックアップがメインスポンサーになっているのてした。「トヨタハイエースが冠になってくれたらいいのにね」なんて冗談がしばしば交わされてた全日本ですが、完全に先を越されたというか、負け負け状態なわけです。
で、今さっき、ホテルでレセプションパーティが行われたところ。雛壇を構えたステージにモトクロッサーとマツダのピックアップが並べられ、地元のプレス、関係者に日本人選手が紹介されたわけです。日本人ライダーが空港に到着して歓迎を受けるところから始まって、食事風景などPVがスクリーンに映し出されるなどかなりの演出が用意されていて、まさに国際格式のスポーツイベントって感じなのです。たぶん、先日SUGOで行われたモトクロス世界選手権開催発表記者会見よりは、遥かにお金も手間もかかっています。いろんな意味で「ユル~イ」タイですが、やる気と元気はすごいのでした。
04129TSX01
で、ボクも選手たちと同じホテルに泊まってるわけですが、この部屋がまた、ボクのウチ全部入っちゃうくらいの大きな部屋で、ほんと、隅っこと隅っこに立てばキャッチボールできちゃんうじゃないかって感じです。狭い部屋に無理やり机2個入れて、息子と3畳のスペースをシェアしてる普段の仕事部屋とは、これまたまったく環境が違います。食事は豪勢だし、フルーツ山盛りだし…。辛いもの食べすぎて下痢さえしなきゃ、ウンコも快調。ほんと贅沢な取材ではあります。
まっ、それでいい仕事ができるかっていうと、それはまた違うんですが、いやはや。どっちがいいと言われれば、日本の方が断然いいとは言えない状況。気分は複雑なのでした。
というわけで、今からカワサキのニューモデル発表会に行ってきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です