不意

ふと気付いたら、携帯の着信に川島雄一郎クンの名前があった。ホンダのユーザーサポートなど普及関係の仕事をしているライダーで、ここ数年第一線を離れはしているが、まだまだトップクラスの実力を持ったライダーだし、なによりモトクロスへの取り組みというい意味では、日本で数少ないプロフェッショナルライダーだと思っている。
そのちょっと前に、画像をメールしたのだ。先日行われたオールスター・チャリティ・スーパークロスで久々にレースに出場した彼の写真。たぶん、自分宛のメールに転送をかけて、携帯でチェックできるようにしてるんだね。折り返し電話したら彼は、いわき市の平という町にいた。仲間としどきに走りに行っているらしい。隣で「ウーロン割りひとつ」なんて声がしている。シーズン中ずっと裏方の仕事をしていて、オフに久々にレースに出場、彼の中でライダーの虫が目を覚ましたのだろうか。いわきはボクの実家のある町。コースに行く途中、ほんのちょっと寄り道すると、遡上してきた鮭を見ることができるよと教えてあげた。実はボク自身が行きたくて仕方なかったのだ。しどきも鮭が遡上してくる故郷の川も。少しだけ嫉妬している。
メールの転送と書いてふと思ったのだけれど、ボクのところには毎日数十通の迷惑メールが来る。パソコンソフトのセールス(みたいなもの)から、精力増強剤の宣伝(みたいなもの)、それに出会い系やエッチ系サイトの案内メール。加えてウィルスは削除しましたという消毒済みのウィルスメール…。まっ、これは自分のサイトにアドレスがあるわけだし、たまにはいかがわしいサイトを見たりしているので仕方ないのかもしれない。でも、携帯に転送なんてしたら、それこそウンザリしてしまいそう。
ウンザリと言えば、そのサイトのリンクを、参加者が自分で登録できる便利なCGI にしたのだけれど、肝心なリンクはあまり増えてくれず、代わりにモトクロスとは全く関係のない、迷惑サイトをアップしてくる人たちがいる。人たちと書いたのは、記録に残ったIPアドレスがみんな違ってるんだよね。これは人なんだろうか、ロボットなんだろうか。ロボットならいいけど、人だとしたら、どういう神経の人なんだろう。あんなに熱心に、しかも組織的に、さほと意味があるとも思えない作業を続けるのって、楽しいどころか、辛くないのかな。ネット社会って、そういう心に障害を持ってそうな人がいっぱいいそうで、困ったものです。
…とここまで書いてハタと思いつき、ホームページにちょっと手を加えてみた。携帯からどの程度見れるのかなと思って(今まで試したこともなかった)あれこれテストして、結局トップページの隅にQRコードというのを貼り付けた。そこからアクセスすると、サイトの1番簡単なコンテンツが表示されるようにしてみたんだけど、どうなんだろう、携帯で見る人なんているんだろうか。ただ、このQRコードってのは面白そうなので、もうちょっとあれやこれやトライしてみようと思う。少なくとも来年のMXingに載せるくらいはしたいなぁと思っている。あとは、名刺かな。ずっと持ち歩いてないんだけど、名刺もそろそろ作らなきゃだな。以上、そんなこんなで朝になりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です